店長紹介

高校時代、私の蓄膿症を治したのが漢方でした。

私は、高校時代に受験を控えているので、思い切って蓄膿症の手術をしましたが、後鼻漏(鼻 汁がのどに流れる)も治らず、ほとほと困り果てていました。

その時何気なく立ち寄った漢方専門薬局で漢方薬を二種類処方 してもらい、あれほど辛かった蓄膿が嘘のように完治しました。

この時の感動が忘れられず、建築から薬学に急遽進路変更しました。

それから、漢方を研究して43年。

それから漢方を研究して43年。
相談にいらっしゃるほとんどの方が、難病や何年も
持病で苦しんでいる方なので、元気になられた時の喜びは大きく
あの時、進路変更して本当に良かったと思います。
お客様から感謝の手紙と共に沖縄からわざわざ泡盛や秋田より新米や
りんご
を送って頂いた時は、大変恐縮しました。

送っていただいた久米仙

春日部第一薬局という店名は、
春日部で1番大きな店より、1番良い店になろうという思いで名付けました。
今後もお客様と一緒に感動するために日々努力を惜しまず心技体で
良いお店にしていきたいと思っています。

お店にご相談に来られた方々

わざざわお越しになり、ありがとうございます。

フランス、ドイツ、カナダ、中国、デンマーク、ニュージーランド、北海道、沖縄、青森、秋田、福島、群馬、茨城、栃木、千葉、東京、神奈川、山梨、長野、新潟、静岡、名古屋、島根、和歌山、兵庫、愛知、大阪、京都、岐阜、石川、広島、福岡、長崎、鹿児島、熊本。などのように海外から国内から、さまざまな地域から、はるばるお越しの方々

フランス

ジベルばら色粃糠疹のお悩みで日本の女性が来店されました。10年近くフランス在住の方なので、お話をお聞きしたところ、衛生面では日本人のようにあまり神経質にならないそうです。杭菌、杭菌と考えるよりある意味で免疫寛容が起こり、アレルギー性の皮膚病が少ないかもー(衛生仮設)。皮膚は少しずつ良くなっています。

デンマーク

腕と足の広がったひどい乾癬で来店され、日本に来ると悪化するとのこと。 2種類の漢方薬を投与し3ヶ月くらいで腕はほぼ綺麗になりましたが、その後デンマークに帰国し経過が分からず、大変気がかりです。

カナダ

結節性疹でバンクーバーより来店されました。空気は日本より断然きれいだが、ひどく乾燥するとのこと。日本の学童で虫さされが原因だったようで、カナダでも、ステロイドの軟膏とプロトピックの治療でステロイドをやめたいと来店。

ドイツ

日本の女性で、アレルギー性鼻炎で来店。ドイツの病院で、もらった薬杭アレルギー剤では、眠くなって身体がだるく、仕事に支障が出るという事で、漢方薬で喜ばれました。

ニュージーランド

子宮内膜症と線維筋痛症の相談でご来店し、生理痛などの痛みも良くなり、半年分の漢方薬をご購入して、帰国なされました。

漢方以外のことでも、
お気軽にご来店ください。

漢方を研究して40年。持病で苦しんでる方が、元気になられた時の喜びは最高で、いつも漢方の道を志ざして本当に良かったなと思います。日々努力、誠心誠意で対応します。

春日部漢方薬局へのサイトへ

〒344-0065
埼玉県春日部市谷原2-7-16
TEL:048-761-2030

受付:10:00~19:00
 (日曜日のみ13:00より)
定休日:火曜日・祝日